12人目の審査員は、美術家の会田誠さんです。

aida_the_six
現代アーティストとして、国内外問わず素晴らしいご活躍をされている会田誠さん。
 
代表作である「紐育空爆之図(にゅうようくくうばくのず)」のような社会性を題材とした作品から、「大山椒魚」のような日本的要素が美しい作品、「巨大フジ隊員VSキングギドラ」のような、コンセプトに合わせた幅広い作品等、常に個性を持っておられる日本を代表するアーティストです。
卓越した技法で描かれる作品、コンセプトの発想で、美大生はもちろん多くの人々に影響を与えております。
絵画のみならず、写真、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画、都市計画、映像作品の監督などを手掛けておられ、表現領域は多岐にわたります。
アイデア豊富な作風で、国際的な評価が高く、2011年にもすでにニューヨークでの展示が控えておられるようです。
Courtesy Mizuma Art Gallery 
 
会田さんのもつ独特のセンセーショナルな作品は、バランスを保ちつつ新しい道を開拓しているように私には思えます。このような思いから、会田様の観点で選ばれた作品は、新しい価値観を見い出すことができるものなのではないかと考えました。
 
新しい価値観を、美大生が社会に対して提示することは、本展覧会のコンセプトでもあります。
非常にご意見を頂きたい存在だと考え、審査員をお願いしたところ、快く承諾して頂きました。
どのようなご意見を頂けるのか、今から楽しみでなりません。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

  • ライブドアブログ